どんな人が、ショッピング枠の現金化でバレているのか?

クレジットカードのショッピング枠の現金化がバレてしまい、利用が止められてしまう人はどんな人で、どんな利用をしたのでしょうか?
単純に説明すると、
利用停止になっている人は氷山の一角なのです。

ショッピング枠を現金化目的で利用したことのある人を氷山全部と例えると、バレてしまって利用停止になる人は、頂点部分、ほんの一角の人だけです。
「疑わしきは罰せず」
これが基本です。

疑わしき利用履歴まで罰していたらキリがなくてってしまいますから。

要するに、
目立つことをしなければ、バレる可能性は限りなく低くなるということです。
目立たないためには、

・キャシング枠に余裕を持たせておく
・換金率の高いものばかり買わない
・現金化するのに手頃なメジャーな商品は買わない
・ショッピング枠の現金化業者を利用しない

これを徹底しましょう。

ショッピング枠の現金化がバレても、言い逃れできる方法とは?

クレジットカードのショッピング枠の現金化がバレたときに言い逃れできる方法があります。

事前にバレたときを想定して準備すればよいだけなので簡単です。
それは、

「キャッシング枠に余裕を持たせておく」ことです。

キャシング枠に余裕がある人が、わざわざ高い手数料を払ってまで、ショッピング枠を現金化することはしません。

これを逆手に取って、
キャシング枠に余裕を持たせておくのです。

そうすると、
クレジットカード会社から
「あなたのこのショッピングは、現金化目的でしょう?」と疑わたときには、
「キャシング枠が残っているのにわざわざショッピング枠を現金化しないでしょう!」と
言い逃れができるのです。
ただ、
換金目的を疑われやすい商品ばかり買っていては、その言い逃れも通用しなくなります。
より安全パイをとるのであれば、

・キャシング枠に余裕を持たせておく
・換金率の高い商品など、換金目的を疑われやすい商品は購入しない
そうすれば、
「いついつのショッピング枠の利用は、換金目的では一切ございません」と
胸を張って言えます。

バレにくいショッピング枠の現金化の方法とは?

頭の良い人に出会った。

その人いわく、
「クレジットカードのショッピング枠の現金化を見つかりにくくする秘策がある」らしいのです。

果たして、クレジットカードのショッピング枠の現金化がバレにくい秘策とは何なのでしょうか?
それは、
「キャシング枠を少しでも残しておく」そうです。

つまり、
「多少の金額がキャッシングできるように、キャシング枠を残しておく」ことがミソらしいのです。
その理由は、

・ショッピング枠を現金化する人は、キャッシング枠が限度額いっぱいでパンパンな状態にある。
・クレジットカード会社は、キャシング枠が限度額に達している人の利用履歴を注視している。
・裏をかけば、キャシング枠に余裕がある人の利用履歴は注視されない。
・だから、キャシング枠に余裕がある状態で、現金化目的のショッピングをするのがミソ。

とのことです。
世の中には賢い人がいるものです。

このように考えながら利用する人は、ショッピング枠の現金化をしても、
破産しないでうまくやりくりできるのでしょうね。

ご利用は計画的に。

グレーとグレーが組み合わさると限りなくブラックに近づく

グレーな人

グレーな商品
この2つが一緒になると限りなくブラックに近づきます。

ここでのブラックとは、
「ショッピング枠を現金化利用している可能性が極めて高い」
利用者のことを指しています。

 

グレーな人とは、
キャッシング枠がいっぱいいっぱいで、もうキャッシングすることが出来ない人です。

キャッシング枠がパンパンな人は、クレジットカード会社から、
「現金化目的でショッピング枠を利用しそうな予備軍」として
要注意人物としてチェックされています。

 

グレーな商品とは、
ショッピング枠の現金化目的で購入されることの多い商品です。

現金化する人は、できるだけ多くの現金を手にしたいと思っています。
必然と、換金率が高い商品が、現金化利用で購入されることになります。

クレジットカード会社は、
現金化目的の利用で人気のある、換金率の高い商品を把握しています。

 

いつショッピング枠の現金化をしてもおかしくないグレーな人が
現金化に人気の換金率の高いグレーの商品を購入したとすると、

クレジットカード会社から、

「ショッピング枠を現金化目的で利用している可能性が極めて高い」と

判断され、限りなくブラックに近づきます。
このまま、
換金率の高いグレーの商品を買い続けたりすれば、
利用停止になるのは時間の問題でしょう。

キャッシング枠がパンパンな人は狙われている!

クレジットカードのショッピング枠の現金化が、クレジットカード会社に見つかり、カードの利用ができなくなってしまうことがあります。
ショッピング枠の現金化がバレてしまった人からすると、
「なぜバレたのだろう・・?」
という疑問をお持ちだと思います。
カード会社からすると、
ショッピング枠の現金化目的の利用を見つけるのは、以外に簡単なのです。
まず、
全利用者から、キャッシング枠が限度額いっぱいの人をピックアップします。

これだけで、かなりしぼれるのです。

考えてみてください。
ショッピング枠を現金化する人は、キャッシング枠が限度額いっぱいのパンパンな状態なはずです。

キャッシング枠に余裕があるのに、高い手数料を取られて、わざわざショッピング枠を現金化する人はいませんよね。
よって、クレジットカード会社は、
キャッシング枠がパンパンな人だけの利用履歴を注視していればよく、その数はそれほど多くありません。
お持ちのクレジットカードのキャッシング枠が限度額いっぱいでパンパンな人は、クレジットカード会社から利用履歴をじっくり見られています。
お気をつけください。
ご利用は計画的に。